中​古​パ​ー​ツ​

有限会社 ヒューマン・サービス > 中​古​パ​ー​ツ​

中​古​パ​ー​ツ​に関する基礎知識や事例

車の修理にはコストがかかりますが、中古パーツを使用することでコストを削減することができます。

一般的に車の中古パーツは基本的には廃車から部品を取り外したものです。解体業者が廃車を解体し、使えるパーツを採取して販売しています。

中古パーツと似たものとして、「リビルト品」、「リンク品」というのがあります。
リビルト品は中古パーツを洗浄し、修理したものです。
また、リンク品はメーカーが中古パーツを修理したもので、リビルド品と比べてメーカーが品質管理をしているため、傷や汚れなどの見た目の側面からみても優れています。
品質が良いのはリンク品、リビルト品、中古パーツの順です。
購入費用もリンク品が最も高く、その次にリビルト品、比較的に安価なのが中古パーツとなっています。

おそらく多くの方が中古パーツを修理店で購入するか通販サイトでの購入を検討すると思います。
購入する流れとしては、以下のようになります。

①車種と購入を考えている中古パーツとの相性を調べる
所有している車に適合するか確認しましょう。

②品質を確認する
特にインターネットでパーツを探す場合は、さまざまな角度からの写真が撮られているか、パーツの状態が明記されているかなどの点を確認しましょう。

③購入する
購入後は自分で取り付けるのか、整備工場に持ち込むのかによってパーツ交換費用が変わってきます。

株式会社ヒューマン・サービスでは、神奈川県を中心に「住宅リフォーム」「増築・改築」「車の中古パーツ」などに関するご相談を承っております。「中古パーツ」に関してお困りのことがございましたらお気軽に株式会社ヒューマン・サービスまでご相談ください。