タイヤなどの中古パーツを使用しても大丈夫?注意点も併せて解説

有限会社 ヒューマン・サービス > 中​古​パ​ー​ツ​ > タイヤなどの中古パーツを使用しても大丈夫?注意点も併せて解説

タイヤなどの中古パーツを使用しても大丈夫?注意点も併せて解説

中古タイヤとは、「別のタイプのタイヤを使用することになり、以前のものが不要となった」というような理由で手放されたタイヤを指します。

中古タイヤの使用にはさまざまなメリットがある一方で、購入時には注意が必要です。

本稿では、中古タイヤを使用するメリットや注意点を解説します。

中古パーツを使用するメリット

中古のタイヤを使用するメリットは、以下の2点です。

値段が安い

1点目のメリットは、新品のタイヤよりも価格が安いことです。

新品のタイヤは一本あたり数万円するため、頻繁に交換することはできません。

しかし、中古のタイヤであれば、有名メーカーのタイヤも格安で購入することができるため、タイヤの購入費用を安く抑えることができるのです。

タイヤを馴染ませる必要がない

2点目のメリットは、タイヤを馴染ませる作業が必要ないことです。 

新品のタイヤは、本来の性能を発揮するために100km程度の慣らし運転をする必要があります。

しかし、中古のタイヤは既に一定の距離を走行しているため、慣らし運転の作業が必要ないのです。

中古パーツを使用する際の注意点

中古タイヤには様々なメリットがある一方で、劣化の状況が激しいものも決して少なくありません。

そのため、中古タイヤを購入する際には、以下の2点に注意する必要があります。

タイヤの状態を確認する

1点目は、タイヤの状態を確認することです。

車を安全に走行させるためには、「溝の残り」「ゴムの劣化」「傷の有無」などを確認する必要があります。

これらの要素を目視で確認し、安全性を確認したうえで購入することが望ましいです。

製造年月を確認する

2点目は、タイヤの製造年月を確認することです。

タイヤは製造から10年が使用期限であり、メーカーは使用開始後から4〜5年での交換を推奨しています。

タイヤの製造年月は、サイドウォールに記載される5〜8桁の英数字で示されているため、確認したうえで購入することが望ましいです。

中古パーツは有限会社ヒューマン・サービスにご相談ください

今回は、中古タイヤを使用するメリットや注意点を解説しました。

中古パーツはメリットもあるものの、新品と比べたらある程度の劣化は避けられないため、少しでも状態の良いものを選択することが非常に重要です。

有限会社ヒューマン・サービスは、豊富な中古タイヤを取り揃えており、お客様のご要望に最適なご提案をさせていただきます。

中古タイヤの購入をお考えの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

お待ちしております。