中古パーツを購入する流れ

中古パーツを購入する流れ

車の修理にはコストがかかりますが、中古パーツを使用することでコストを削減することができます。
一般的に、車の中古パーツは基本的には廃車から部品を取り外したものです。解体業者が廃車を解体し、使えるパーツを採取して販売しています。基本的には中古パーツは新品と比べても機能的には問題ないものが約半額で購入できるメリットがあります。
修理店に依頼する場合のほか自分で修理する場合でも部品代はどうしてもかかってしまいます。車の修理にはコストがかかりますが、中古パーツを使用することでコストを削減するという選択肢を考えてみてはいかがでしょうか。最近では、車を改造するために中古パーツを購入する人も少なくありません。
今回は中古パーツを購入する流れを紹介します。

 

おそらく多くの方が中古パーツを修理店で購入するか通販サイトでの購入を検討すると思います。近年ではオークションサイトでも販売されています。

 

購入する流れは、以下のようになります。
①車種と購入を考えている中古パーツとの相性を調べる
所有している車に適合するかどうかの確認が必要です。いくらコストを抑えることができても車に適合しないパーツを購入しては意味がありません。

 

②品質を確認する
特にインターネットでパーツを探す場合は、さまざまな角度からの写真が撮られているか、パーツの状態が明記されているかなどの点を確認しましょう。

 

③購入する
①、②が確認できたらいよいよ購入となります。購入後は自分で取り付けるのか、整備工場に持ち込むのかによってパーツ交換費用が変わってきます。パーツ交換費用を抑えたい場合には自分で取り付けることも可能ですが、技術的に少しでも不安がある場合には、プロである整備工場に持ち込むことをおすすめいたします。

 

車のパーツの購入をお考えでコストを削減したい場合には、中古パーツもご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

株式会社ヒューマン・サービスでは、神奈川県を中心に「住宅リフォーム」「増築・改築」「車の中古パーツ」などに関するご相談を承っております。「中古パーツ」に関してお困りのことがございましたらお気軽に株式会社ヒューマン・サービスまでご相談ください。