バルコニーの増築|費用相場やポイントを解説

有限会社 ヒューマン・サービス > 住​宅​リ​フ​ォ​ー​ム​ > バルコニーの増築|費用相場やポイントを解説

バルコニーの増築|費用相場やポイントを解説

バルコニーとは、2階以上に設置される屋根のない屋外スペースを指します。

なお、屋根のある屋外スペースは、一般的にはベランダとして扱われます。

バルコニーの増築をお考えの際は、費用や建築時の注意点を踏まえながら、検討を進めることが重要です。

本稿では、バルコニー増築時の費用相場やポイントについてご説明します。

費用相場

バルコニー増築時の費用は、増築の方法によって大きく異なります。

以下では、主な増築方法とその費用相場を3種類ご紹介します。

小規模のバルコニーを設置

まずは、小規模なバルコニーの設置です。

こちらは、あらかじめ完成している商品を現場で取り付け、バルコニーを完成させる方法です。

こちらの形式の費用相場は、30万円以上が目安です。

なお、既存のベランダやバルコニーがある場合には、別途撤去費用が必要です。

既存のバルコニーを拡張

次に、既存のバルコニーの拡張です。

こちらは、柱の増築や劣化の進んだ既存部分の補強工事を行うことで、バルコニーを完成させる方法です。

こちらの形式の費用相場は、50万円以上が目安です。

大規模なバルコニーを設置

最後に、大規模なバルコニーの設置です。

こちらは、二部屋に渡るようなサイズのバルコニーや、建物の構造に合わせたバルコニーを作成する方法です。

こちらの形式の費用相場は、100万円以上が目安です。

バルコニー増築時のポイント

バルコニーを増築する際には、費用面以外にも検討すべきポイントが3点存在します。

以下で、詳しくご説明します。

建築基準法に違反していないか

1点目は、建築基準法に違反しないことです。

住宅用地には、土地面積に建物が占める建築面積の割合である「建ぺい率」と、敷地面積に床面積が占める割合である「容積率」が定められています。

これらの基準に違反した際には、増築部分の取り壊しが必要となる場合もあるため、注意が必要です。

確認申請が必要か

2点目は、確認申請の必要性です。

バルコニーの増築の際に、「増築範囲が10平方メートルを超える」「建物の所在地が準防火地域・防火地域である」場合には、自治体への確認申請が必要となるため、注意が必要です。

隣家の日照を遮らないか

3点目は、隣家の日照を遮らないことです。

増築したバルコニーが隣家の日照を遮ってしまうと、トラブルに発展する可能性もあります。

そのため建築基準法に違反していない場合でも、隣家に配慮したバルコニーの増築が求められるのです。

住宅リフォームは有限会社ヒューマン・サービスにご相談ください

今回は、バルコニー増築時の費用相場やポイントについてご説明しました。

バルコニーの増築は、決して安価な買い物ではなく、お客様のご希望に沿ったものを完成させる必要があります。

有限会社ヒューマン・サービスは、お客様のご希望に沿うバルコニーの増築を、格安で行っています。

バルコニーの増築を含む住宅リフォームをお考えの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

お待ちしております。