健康食品の効果とは

健康食品の効果とは

健康食品とは、健康に良いということを謳っている製品を指します。
健康食品には、国の制度に基づいて機能性などを表示できる「特定保健用食品」「栄養機能食品」「機能性表示食品」の他にも、機能性を表示できない健康食品も存在しております。

 

これらの健康食品は、日々の食生活で不足しがちな栄養素を補い、バランスの良い食生活をサポートするという効果がございます。
具体的には、特定保健用食品では「コレステロールが高めの方に適する」「体脂肪を減らすのを助ける」といったような機能が商品に表示され、一定の効果が期待できます。

 

しかし、健康食品は「医薬品」とは異なるため、病気を治す効果は持っておりません。
医薬品は病気の方を対象に安全性・有効性を検討する必要がありますが、健康食品は病気の方が使用した際の安全性は確認されておらず、副作用や医薬品に悪影響を及ぼす場合がございます。
宣伝広告で「健康食品で病気が完治した」と謳うことは違法ですので、そのような宣伝がなされている製品は利用をしないことが望ましいでしょう。

 

また、健康食品を適切に使用しないことで、健康被害を被る場合もございます。
「健康食品は、医薬品ではないため安全」という認識を持つ方も多く、効果を感じられないときに過剰摂取をするという現象も発生しております。
過剰摂取を行うことによって、発疹や痒みといったアレルギーや、肝機能・腎機能の障害の発生といった事例が報告されております。
さらに、医薬品と併用することによって、健康被害の症状が重篤になる場合もございます。

 

健康食品を利用することによって、健康状態に一定の効果が期待されます。
しかし、適切に使用しなければ効果を発揮しないのみならず、健康被害を及ぼす場合もございます。
あくまでも、補助という位置づけで健康食品を利用することが重要なのです。

 

株式会社ヒューマン・サービスは、神奈川県にお住まいの皆様の多様なニーズにお応えしております。
新車・中古車販売、格安レンタカー、書画・骨董・リサイクル品、住宅リフォーム、健康食品、中古パーツの取り扱いや、健康サロン喫茶HANAを営業しておりますので、ご興味のある方はぜひお気軽にご連絡・ご来店ください。
お待ちしております。